レディ

暖かい空間が作れる浴室暖房を導入することを検討しよう

浴室を暖かな状態に

作業員

ガスの燃焼熱やお湯で

浴室暖房とは、文字通り浴室内を暖かい状態にする暖房器具です。水回りは、水道水の影響で冷え込むことが多く、加えて浴室では、入浴時には裸で過ごすことになります。そのため冷えから体を守るために、昨今では多くの家庭で浴室暖房が導入されています。浴室暖房には、大きく分けて2種類のものがあります。まずは、一般的なヒーターと同じように、ガスの燃焼熱を温かな風として送り出すという浴室暖房です。これは、比較的短時間で浴室内が暖かくなる点がメリットとされています。また、出てくる風は乾燥しているので、このタイプの浴室暖房には、乾燥機として使用できるというメリットもあります。さらに、浴室内の湿度が下がるため、湿気によるカビの繁殖も防止できます。そしてもうひとつの浴室暖房は、給湯器で作られたお湯を、浴室の床下で循環させるというものです。給湯器にはお湯が溜められていて、必要なタイミングですぐに利用できるようになっています。その溜めたお湯を浴室の床下に流し込めば、温もりで浴室がじわじわと温まっていくことになるのです。湯船などに利用するお湯を、暖房にも利用するという仕組みなので、暖房のためだけに別途燃料を使用する場合と比較すると、経済的で環境にも優しいと言えます。なおかつ、運転を停止してもお湯が冷めるまでは温もりのある状態が持続するので、その点でも経済的とされています。このようにどちらの浴室暖房にもメリットがあるため、それぞれ注目されています。

お風呂

単身向きのものもあります

風呂ふたには巻いて収納するタイプや畳めるタイプなど、いくつか種類があります。お風呂場の環境や自身の用途に合わせて選びましょう。風呂ふたは、専門業者に作ってもらうこともできます。オリジナルの風呂ふたを自宅まで送付してくれるので、運搬の心配もありません。

お風呂場

変わった形の浴槽には

風呂ふたはぴったりあってこそ機能を発揮するので、変形した浴槽には純正の風呂ふたしか使えないと考えがちです。オーダーメイドで注文すれば、ぴったりサイズでもっと軽量だったり、雰囲気が違った風呂ふたを手に入れることができます。

女の人

サイズを測っておきます

折りたたみやシャッター式の風呂ふたは、扱いが簡単なので高齢者にも向いています。半身浴などを楽しむなら、物が乗せられる板タイプの風呂ふたが向いているといえます。自宅のお風呂に合わせて、明るいカラーの風呂ふたを選びましょう。